ファスティングのやり方ってどうやるの?

ファスティングというのは、プチ断食とも言われていますが、これは、どのようなやり方でやるのでしょうか?具体的にファスティングのやり方を調べましたので、ファスティングに興味のある方は、是非、参考にしてみてください。ここでは、半日から3日間までのファスティングのやり方を見てみましょう。

 

ファスティング3日間プログラム

準備期は、3日〜1週間です。心と体の準備をしてください。時間が取れない方は、準備期は省いても大丈夫ですが、この期間は、肉類と油物は控えるようにしましょう。断食期は3日間です。

 

この期間は、ファスティングジュースだけで栄養を補給しましょう。あと、水分を1〜2Lとりましょう。起きてすぐに、200〜400CCの水を飲むようにしましょう。カフェインが含まれたものや、缶ジュース、アルコールはやめてください。

 

また、熱い湯船につかったり、サウナに入ることもさけましょう。喫煙もさけてくださいね。断食期が終わったら、復食期です。この期間には、おかゆなどのような、消化にいいものを食べるようにしてください。

 

終わったからといって、暴飲暴食をすることは絶対にやめてくださいね。3日間くらいは、肉や油をひかえて、だんだんといつもの食生活に戻すようにしましょう。3ヶ月おきくらいにファスティングをするといいですね。

ファスティング1日プログラム

ファスティングをする前日は、準備日になりますので、朝は、ふだんどおり、昼はなるべく野菜をとるようにして、ふだんの食事をしましょう。夕食は、いつもの7割くらいを早めに食べるようにしましょう。断食日は、ファスティングジュースだけで栄養を補給します。

 

あと、水分を1〜2Lとりましょう。起きてすぐに、200〜400CCの水を飲むようにしましょう。カフェインが含まれたものや、缶ジュース、アルコールはやめてください。また、熱い湯船につかったり、サウナに入ることもさけましょう。

 

喫煙もさけてくださいね。復食日は、おかゆのような消化にいいものを食べるようにしましょう。週末だと、金土日で区切りよくできますので、定期的に週末にすることをおすすめします。

ファスティング半日プログラム

半日ファスティングというのは、朝食か、夕食のかわりに、ファスティング飲料をのむという置き換えの方法です。半日、固形のものを食べないので、胃腸を休ませてあげることができます。

 

ファスティングの半日プログラムは、1日だったり、3日間のファスティングをすることが難しい方や、毎日の生活の中で、胃腸を休ませたいという方におすすめの方法です。ファスティングの半日プログラムを継続して行うと、とても効果が期待できます。

 

ファスティング終了後に、普段の食事に戻しますが、そのときには、ビタミンや、ミネラルのことを考えた食生活に戻していくといいですね。豆類で、たんぱく質をとり、ごまやナッツ、クルミなどでビタミンEを補給します。わかめやこんぶなんかでカルシウムをとり、野菜で、ビタミンCをとります。

 

魚もたべると、たんぱく質が補給できます。また、キノコ類は、植物繊維が豊富です。イモ類は、炭水化物がとれますね。このように、バランスよくとるようにしましょう。